加齢で顔がふける原因|早く脂肪を落としたいなら、お腹の脂肪吸引がてっとり早い

早く脂肪を落としたいなら、お腹の脂肪吸引がてっとり早い

婦人

加齢で顔がふける原因

女の人

コラーゲンの低下

人が加齢すると頬の下りやたるみでほうれい線が目立ち、老け顔になっていきます。頬がたるむのは様々な要因が考えられます。頬の中の真皮にはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどがあり、コラーゲンが骨組みの役割をして脂肪を支えています。コラーゲンが減ってしまうと弾力がなくなり、たるみになって目立ちます。頬のたるみの原因は他にも、姿勢の悪さや乾燥、紫外線などがあります。コラーゲンを摂取したり、体内でコラーゲンを作ることを促すことでたるみの進行を抑えることができます。美容外科でたるみを解消するには、レーザー照射が筆頭ですが、より刺激が少なく穏やかな効果のフォトフェイシャルと言う方法が最近は人気が高くなっています。

表情が乏しい時代

頬は顔の中で大きな筋肉がある部分なので、表情筋など筋肉が密接に関わってきます。最近の若い人は、SNSでのつながりが多くを占めているので実際は人に会わず、人と顔を合わせる時間が減ることによって、結果顔の表情が乏しくなるという例が増えています。筋肉の衰えから頬のたるみになっていくケースが多くなっています。また、ずっと口をぼんやり開けていることが多く、これも表情筋の筋力の低下につながり、若くても老け顔になってしまう傾向があると言われています。美容外科で実施することのできるたるみ対策と同時に、顔の筋肉を鍛える体操やマッサージを並行して続けることで、より早くアンチエイジング効果が現れることにもなりえます。